企業は障害者アスリートにどんな支援を行っているの?アスリートとキャリアの形成について

MENU

アスリート支援

障害者と聞くと車イスに乗っていたり、行動の一部が制限されていたりするイメージが強いです。
しかし、障害の内容は人それぞれであり、中にはアスリートという人生を歩む人もいるのです。

 

障害者でありながらアスリートとして活躍する人はかなり多いです。
車イスを前提にしたスポーツ競技もあるので、競技人口も十分な状態だと言えます。
そこで、企業へ就職を考える時に、アスリートの一面を魅力にする方法について紹介したいと思います。

 

競技に打ち込みつつ、引退後のキャリア形成について相談することも可能でしょう。
障害者のアスリート支援を行っている企業は増えており、様々な点に配慮されたものになって来ています。

 

どのような支援が行われているか、その一端を見てみましょう。

 

アスリートとキャリアの形成

障害を持ちながらもアスリートとして活躍する人には、いくつかの選択肢があります。
一般的なのは、競技で実績を出しつつ社内の広報を行うものです。
様々な大会に出場して良い成績を残し、会社の事業を宣伝するケースが多いでしょう。

 

障害者アスリートが使用する自転車

 

常に高い成績を求められるので、通常のアスリートと変わらないストイックな行動が必要になります。
場合によっては一般職の人よりも高い給料を得られるので、非常に魅力的な就職場所です。

 

こうしたアスリート特化とは違い、競技と社内業務を半々で行うキャリア形成もあります。
競技を続けつつも事務職などで社内の仕事を手伝い、引退後のキャリアを確立していくプランです。
定年までアスリートで居続けるのは非常に困難であり現実的ではありません。
そこで、社内の仕事も行っておき、アスリート引退後も働き続けられるようにするのです。
アスリートと会社員のバランスが取れているので、安定した支援の形だと言えます。

 

アスリートのマッチング支援

基本的にはスポンサーとなる企業を見つけなければなりません。
自分が希望する内容が実現できるか、企業が求めているビジョンとマッチしているか、様々なリサーチが必要です。
就職活動を行うのは大変ですし、面接までしたのに断られてしまうケースも往々にしてあるでしょう。

 

そこで注目したいのが、企業と障害者アスリートをマッチングさせる支援です。
アスリートが望むこと、企業が望むこと、その希望を聞いてマッチングさせるので、就職出来る確率は非常に高いです。
専門のキャリアアドバイザーにより、たくさんの情報を得られるのもポイントでしょう。
契約金や基本給の交渉も行ってくれるので、個人で就職活動するよりも良い条件に持って行ける可能性があります。

 

キャリアプランや人生設計に関しても相談に乗ってもらえるので、1度は利用しておきたいサービスです。
障害者を理由に何かを諦める必要はありません。
様々な支援が行われている現状を知り、それを活用することで新しい1歩を踏み出してみてください。