障害者の雇用枠が非常に増えており、社会が支援に乗り出したと言えます。

MENU

障害者の雇用

社会就労事業振興センターの目的は障害者の自立を促すことです。
そのためには障害者が仕事によって生活に不自由しないだけの工賃を受け取れるようにする必要があります。
そこで社会就労事業振興センターが取り組んでいるのが障害者を雇用してくれる仕事探しです。

 

各施設や企業や団体、あるいは行政機関へ営業活動を行い、仕事を受注するようにしています。
障害者が作ったアメニティグッズなどの販路を確保したり、単純作業を受注したりを行っているのです。

 

これは広義な意味で障害者の働く場所を作ることです。
仕事をして賃金を受け取り生活をして行く、これは社会への貢献を実感出来る貴重なものです。

 

当たり前のように感じるものでも、障害者にとっては高いハードルになってしまっています。

 

障害者へ平等なチャンスを作る

大企業であれば障害者の雇用枠を用意しており、充実したサポート体制が整っていることがあります。
ただし、枠が用意されているだけで企業内の社員に理解が足りないケースも指摘されています。
また、中小企業であればそもそも障害者の雇用枠が1つも用意されていないことが多いでしょう。

 

程度にもよりますが、障害者というだけで雇用してもらうチャンスは激減しているのです。

 

こうした障害者に対する逆風は、日本の景気も関係しているかもしれません。
心に余裕が無くなっており、誰もが自分自身の生活を守ることで精一杯になっているのです。
その結果、周囲の人を手助けする、困っている人に手を差し伸べる、そうした人間味のある行動が出来なくなっているのでしょう。
そして、仮に運良く雇用されるチャンスに巡り会えても、満足な収入を得るのは至難の業です。

 

収入が少なく生活費に困った人が借金を抱えることも少なくなく、障害者が陥る困窮という問題が起きています。

 

雇用枠は着実に増えている

 

障害者の雇用枠増加への課題

 

ここまでで紹介したように障害者の雇用枠は非常に少なく、安定した収入を得るのが困難になっています。
社会就労事業振興センターはこうした障害者の雇用を生み出すべく、各施設や企業に営業を行うのです。

 

昔に比べて雇用の枠は非常に増えたと言えるでしょう。
ようやく社会が障害者の支援に乗り出したと言っても良いです。

 

しかし、まだまだ不足していて十分だとは言えず、全員が積極的な理解を示し社会就労事業振興センターと協力して行くのが理想です。

 

障害者は健常者と比べて出来ることはやや限られています。

 

こうした状況を双方が理解し、そして納得した上で仕事を行えるようになれば自立しやすい社会に一歩前進するでしょう。
障害者の雇用には様々な課題がありますが、それらは社会全体で解決案を見つけて行くのが良いのです。