障害者の起業を支援する融資ー各都道府県・保証会社・一般企業

MENU

障害者の起業支援

障害者が生活するための工賃を稼ぐのは大変なことです。
まだまだ社会全体の理解が少なく、障害者年金や支援も十分だとは言えない状況です。
そうした中で障害者の方達の社会貢献や生活費をどのように確保するかは大切なことでしょう。

 

ここでは1つ視点を変えて、障害者が就職するのではなく起業する選択肢に注目してみたいと思います。就職して働くことさえ困難な状態で、起業など無謀だと感じるかもしれません。

 

しかし、起業して事業を軌道に乗せることが出来れば生活費の問題は解決するでしょう。
社長という立場になればバリアフリーで障害者に優しい環境作りも気軽に行えます。
障害者が起業すれば様々な問題が解決され、新しい波を作る可能性を秘めているのです。

 

障害者の起業を支援する

起業で成功すれば莫大なお金を稼げますし、職場環境を整えることも比較的簡単です。
一般的な企業に理解されにくい要望を伝えたり、遠慮をしてしまったりする心配はありません。

 

起業の文字を持つ手

 

ですが、起業は二つ返事で気軽に実現出来るほど易しくは無いのです。
そもそもどんな事業を行うかの計画が無ければ意味がありませんし、それが成功するかは未知数です。
さらに、起業するためには資金が必要で、経済的に苦しい障害者の足かせになっています。

 

そこで注目したいのが障害者の起業を支援する融資です。
まだ全国的な展開では無いので各都道府県や保証会社に頼ることになります。
とは言え、まずは障害者の起業を金銭的に支援するサービスがあるのを知っておきましょう。

 

茨城県信用保証協会の例を挙げてみます。
ここでは35歳未満の男女で障害を持っている人を対象に、創業支援融資を行っています。
他にも、信用保証料の0.3%引き下げや茨城県から50%の信用保証料補助が受けられるのです。
いろいろな条件や保証期間が定まっているものの、起業を検討する足掛かりになるのは間違いないでしょう。

 

一般企業による支援

各都道府県だけでなく、一般企業が障害者の起業を支援するケースもあります。
宮城県のとある会社では、障害者の人を対象にWEBやIT、プログラム技術を身に付けて働く支援を行いました。
無料セミナーを開催し、どのような取り組みを行っているかを広く宣伝しており注目を集めています。

 

ようやく就職が出来たのに、半年以内に離職してしまう障害者の数は非常に多いです。
始業時間に合わせて通勤するのがつらい、残業や長時間の労働がきつい、指示されている内容が分からない、などの課題が出ているのです。
他の人が行っている仕事が出来ないのは、残念なことに低評価へ繋がってしまいます。

 

そうしたミスマッチを無くすのには起業してしまうのが良く、ITやWEB技術の取得はそれを助けてくれるでしょう。
金銭的な支援以外に、技術的な支援があるのを知っておくと世界はとても明るいものだと気付けるはずです。